純愛ディソナンス原作はある?脚本やあらすじを紹介!!

ドラマ映画
スポンサーリンク

中島裕翔さん主演で「純愛ディソナンス」が、2022年7月放送されます。

先生と生徒の純愛からドロドロになる、純ドロストーリーですが、原作や脚本、あらすじが気になります。

純愛ディソナンスは、原作はあるのでしょうか?脚本は誰が書いているのでしょうか?

純愛ディソナンスの原作や脚本、あらすじについてまとめました!

スポンサーリンク

純愛ディソナンス原作はある?

純愛ディソナンスには、原作はありません

完全オリジナルストーリーです。

教師と生徒の禁断の恋から、周囲を巻き込みドロドロした関係に…。

オリジナルストーリーだと、先の展開が読めないので、今後どんな結末になるのか考察するワクワク感がありますね!

5月25日の時点で、純愛ディソナンス公式Twitterのフォロワー数は、1.9万人!

放送1か月前に1万人以上いるので、かなり期待されていること間違いなしです。

スポンサーリンク

純愛ディソナンスの脚本は誰?

純愛ディソナンスの脚本は3人で担当しています。

脚本家これまでの作品
玉田真也アノニマス、青野君に触りたいから死にたい
大林利江子ギルティ、江戸モアゼル
倉光泰子アライブ、今和の国のアリス

脚本家は、ドラマや映画と幅広く活躍されている方が3人もいるので、どんな展開になっていくのか楽しみです!

Twitterでも、良作になる!!というコメントが多く、期待されているドラマということが分かりますね。

スポンサーリンク

純愛ディソナンスのあらすじ紹介

新田正樹(にったまさき)役…中島裕翔さん
和泉冴(いずみさえ)役…吉川愛さん

純愛ディソナンスは、二部構成となっています。

第一部は、桐谷高校で物語が始まります。

前任教師の失踪事件で、学校全体が戸惑っているなか、新任の音楽教師としてやってきた新田正樹(中島裕翔さん)。

出勤前夜に、音楽教室でピアノを弾いていると、少し大人びた和泉冴(吉川愛さん)に出会います。

新田は、好青年で生徒からも好かれていました。

ただ冴は、裏がありそうと警戒していました。その印象は間違っていませんでした。

新田は、両親ともに教師をしていて規則ただしい家庭で育ち、デキる兄と比較され続けました。

幼いころから比較されたため、強いコンプレックスがあります。その結果、周囲に良く思われる振る舞いを演じ、生徒から信頼されます。

ただ冴は、新田の打算的な内心を見抜きます。

冴は高校2年生で、新田の副担任のクラスの生徒、顧問の映像研究部の生徒です。子供の頃、両親が離婚しシングルマザーの家庭で育ちます。

母親から「男の選択で女の人生が決まる」と価値観を押し付けられ、「自立した女性になる」と逆らいます。

冴は、文章を書くのが好きで母親に秘密で小説を書いています。

失踪事件をきっかけに、2人の「隠している気持ち」を分かち合い、徐々に特別な感情が芽生えますが、新田は認めません。

恋をしたと確信する冴と、恋ではないと思い込む新田、本心で向き合えないまま別れてしまいます。

第二部では、5年後ひょんなことから冴と新田は再会します。

冴は成人し、教師と生徒の禁断の関係ではなくなりました。

再会したことで、5年前の特別な感情が呼び戻されますが、新田には奥さんがいました。

そして、既婚者と独身の関係へ…。

セカンドパートナーという絶妙な関係は、不協和音=ディソナンスとなり、恋と仕事、周りの人も巻き込みドロドロ展開で破滅へと向かいます。

5年後の舞台には、セカンドパートナーの概念を含んでいるので、より複雑で繊細なストーリーになっています。

セカンドパートナーとは、「結婚している人が、肉体関係なしで愛情を深めること」、不倫でもなく友達でもない絶妙な関係です。

新田正樹の奥さんも認めているセカンドパートナーなのでしょうか?

とにかく、ドロドロの展開になること間違いなしですね!

スポンサーリンク

純愛ディソナンス原作や脚本・あらすじまとめ

純愛ディソナンスの原作や脚本、あらすじについてまとめました。

中島裕翔さんは、初の教師役ですね。

今まで、爽やかな役が多かったので、どんな中島裕翔さんが見れるか楽しみですね!

2022年7月放送の純愛ディソナンスが待ち遠しいですね。

純愛ディソナンスのキャスト一覧はこちら↓

純愛ディソナンスの主題歌についてはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました